車買取りの注意点

車買取りの注意点

車買取りの注意点

車買取で注意しておきたいことを書きますね。
重要なことです。

 

買取査定をしてもらう前に、事故歴や修理歴を聞かれます。ここは必ず正確に伝えましょう。特にフレームにまで損傷が起きた事故などは重要事項です。

 

査定員が見れば分かりますし、きちんと申告する人かどうかも分かってしまいます。

 

ただ、中古車を買ったために自分以前の人が乗っていた時のことは分かりません。その時はそのまま分からないと伝えればいいのです。

 

私は、以前、事故歴なしと言われて買った中古車が買取査定で実は事故車だったことが判明し、とてもがっかりしたことがありました。

 

査定員はプロですから、本来外すことのない小さなボルトが外した後があることなどをよく見ています。あまり細かなことは査定に大きく影響することはあまりありません。

 

問題は、査定員が発見できなかった大きな事故歴が、売却契約後に分かった場合です。

 

もし、分かっていて隠していた場合などは、査定額が下がりますから差額を返還しなければなりません。これは、どの買取り専門店の契約書にも書かれていますから、最初に正確に申告しましょう。

 

 

万一トラブルにあったら

 

困るのがこれを悪用する業者(又は査定員)です。あとで事故歴が分かったからと差額を返還請求してきて、自分のふところに入れるケースです。実際は何も事故歴がなかったにもかかわらずです。

 

万一こういう時に当ったら、その買取り専門店の本社お客様サービスに直接電話して抗議するとともに、消費者センターに通報します。

 

名前のとおった大手買取り業者では、まずありえませんが、査定員の態度を見ていれば人間性はある程度分かるものです。愛車を査定してもらう間に、こちらは査定士を査定しましょう。

 

説明がいい加減だったり、今日契約してくれと迫ったり、丁寧ではない対応の時は要注意です。そういう時は、ほかにも査定を頼んでいるからと言ってその場での契約は絶対に避けましょう。

 

急かせる人は急かせる理由(多くは自分の成績)があることを知っておきましょう。

 

 

無料一括査定の詳細はこちらから。

 

⇒ かんたん車査定ガイド

 


 
ネット自動車保険